2016年04月10日

悪は隠し通せてもいずれは暴かれます

 払う税金が極めて安く、多くの企業家に会社を置かれる「タックス・ヘイヴン」ですが、政府の首脳や富豪が利用した事が暴かれて、今騒ぎになっています。



 「税金は国民の義務」と国民はなけなしのお金から税金を払って苦労していると言うのに、自分達だけ美味しい思いをしようとパナマにペーパーカンパニーを構えて税金を払わないでいて、それで大騒ぎになりました。
 アイスランドではグンロイグソン首相が辞任する羽目になってしまい、フランスではパナマ文書を巡ってデモになって、現金自動預払機にペンキを投げかける人が続出しました。

 そのパナマ文書のリストに、ドワンゴとソフトバンク、バンダイナムコ等が入っていますが……

 これらの会社って確か、西村 博之と連携していて、2chやニコニコ動画と同盟関係にありますよね?!

 2chやニコ動は見ず知らずの他人に対して嫌がらせを行って、削除もしない、止めようとすれば「本人光臨!」と叩き上げ、2ch思想と異なるサイトをつぶしては、2chまとめサイトを多く立てて2chだらけにする悪辣極まりないサイトでしょ!?
 しかも管理人は脱税しているどころか、5億にも渡る民事訴訟の賠償金も払わないで、自分の会社の社員を使って恐喝を行っているのですよね!?

 「パナマ文書」と聞いてすぐに連想したのが西村 博之達2chファミリーですが、リストにドワンゴやソフトバンクまで挙がっているとなれば、「あぁ、やっぱこいつ等も上がったか」と見ます。
 ニコニコ動画の業績が上がってカタギ商売に転じたような態度をしましたが、悪辣なスタイルは全く変わっていませんでした。

 こちらのブログからも引用させていただきます。

(引用)
パニックを避けるために『大した影響がない』とする政府としての対応はわかるのですが、民放などの報道番組でこれを『海外での事件』のようにしか取り扱わないのはどうしてなのでしょうか?

これには重大な理由があります。

それは、パナマ文書には誰もが知っている大企業の名前が連ねていることからもわかるように、これらの企業の多くはテレビ番組のスポンサーとなっています。

つまり、パナマ文書に名を連ねている大企業が報道番組のスポンサーになっている限り、企業が不利になるような情報がニュースとして詳しく報道されることがないという見方もできるのです。

しかし、まったく放送しないわけにもいかないので、あくまでも『海外での問題』ということでメディア・コントロールしているのです。 そして、乙武洋匡氏の不倫問題や芸能人のスキャンダルなどを過剰報道して、経済的な影響を回避するために、国民の目を欺いているように思えるのです。

(引用終わり)

 弱者様aico様パパ様のブログでも書かれてあるように、日本のメディア・コントロールは10年前から頻繁に行われました。
 2ch被害者をシャットアウトし、井上トシユキや山本 一郎、紀藤 正樹と言った2chの息の掛かった人物ばかりを挙げて被害を有耶無耶にし、更にプロ固定等を使って被害者を侮辱し、警察や司法を取り込んでは被害を受理せず、西村や勝間等を無罪にしたり不起訴にしたりと2重3重の苦しみを敷いているのです。日本にあるメディア媒体は全て2chファミリーと繋がりがあるのです!

 更に「今世紀最大のスキャンダルが起きていることも知らずに、今日もYahoo!のニュース欄にはどうでもいいニュースが並んでいます。」と出ていますが……

 西村達を優先して被害者を「プライバシー保護の観点」と言って侮辱するYahoo!がパナマ文書の事を報道しますか?!

 パナマ文書に「ソフトバンク」の名前も入っているそうですが、経営に関わる親会社の不正を伏せると言う事は、ソフトバンクが脱税を行っていた可能性も大きいと言う事でしょう。
 報道しないと言う事は、2chファミリーもリストに名前が載っていて、報道されると悪いイメージが定着して西村政権が再起不能の大ダメージを受けるから、と言う事も考えられます。

 英語版のリストには日本企業の名前が書き込まれていないのですが、英語が得意な2chスタッフが潰しにかかって、日本での脱税スキャンダルをもみ消している事でしょう。
 西側と対立している中国とかでしたら「アメリカの陰謀だ!」、「自国の発展を妨害しようとでっち上げた嘘のスキャンダルだ!」と吹き込んでリストとかに残しても支障が無いのですが、日本だとそうは行かないでしょう。

 パナマ文書には日本政府の公職者の名前も入っていないのですが、彼等の場合、脱税の力強い味方として「西村 博之」と言う方がいて、ドワンゴやソフトバンクを通して納税分のお金をパナマに流す事も想像に難しくありません。ドワンゴ通さなくても個人で直接パナマにお金を流してリストに載ったとしても、西村の一声で鬼女とかが騒ぎ出して、リストから消す事だってあります。

 そうなると、金子の無罪や2013年の西村の不起訴も納得がいきますね。脱税させる代わりに側近達を逮捕しないよう、人間国宝のように扱うようにする事で、自分の私腹も簡単に肥やせるでしょう。

 弱者さんのブログにもこんな事が書かれてあります。

ウィニー等で、まだ公にされていない重大な秘密漏洩事案があったり、即行に
削除したものの、本当の意味での行政の大スキャンダルが2ちゃんねるに
書き込まれていた場合も、2ちゃんねるファミリーに大きな弱みを握られて
いることにもなるわけです。それゆえ、これらは十分に想定可能な事態。
もしそうならば、何時かはバラされる運命にある秘密と割り切るしかありません。
延々にゆすられ続けるか、短期間かの違いが出るだけで、結局、我国にとって
大きな国損になり続けるだけなんです


 西村達は、2ch削除サービスとかを立てさせて自分達が請求した金は払わせる癖に、請求されたお金は難癖つけて払わないのです!しかも脱税までしています!
 保育園に入れなくて迷っている人がいるというのに、西村達はそれでも税金も払わず、海外に行ったりきたりしてのらりくらりして、偉そうに社会の事を評論しているのです!1億円の申告漏れも指摘された西村ですが、その脱税した何億もの税金に納めておけば、どれぐらいの子供が保育園に入れて、どれぐらいの派遣社員が職を得て人間らしい暮らしが出来た事でしょうか!?ドワンゴやソフトバンクにはそうした考慮が全く見られていないのです!

 人を馬鹿にしまわってのらりくらりしている西村達にはとっくに頭に来ていますが、そんな人間を優遇して20年も守っている警察や司法にももう頭に来ているのです!

 けど、パナマ文書の原版はまだ残っていますよ!?鬼女の皆様は、態々ドイツにまで出向いて南ドイツ新聞にまで乗り込みますか!?

 それは無理な話です。毎日新聞やNHKの様には行きません。恐喝を行ってリストから消すようにしても、記者達は鬼女の要望を飲むどころか逆にナチスの突撃隊と同一視し、恐喝の詳しい内容等も新聞に出されて、「あぁ。日本はイスラム国みたいに気に入らない事を書かれると暴力で訴えるのか……」と逆に立場が危うくなるのです(そもそも、ドイツの新聞にリストをリークした所から、内部告発者は真剣だったと言う事です)。

 抗議の人数とか書き込み数とかは関係ありません。「暴力を使う」事自体いけない事です。小学生の子供でも分ることです。

 クラッキングとかで消してもその記事のページは保存されていて、リークされたリストは外付けのハードディスクに取られているのです。リークした人もこう言う気配りを怠るほどバカではないし、証拠隠滅は不可能と言っても過言ではありません。

 刑事告訴したくても出来ない、メディアも2chファミリーの事ばかり取り上げる、八方塞で2chファミリーが好き勝手やりたい放題している昨今ですが、一筋の光が見えたのかもしれません。

 これはきわめて簡単です。電話して発言するだけで十分です。
 西村や堀江の発言等、2chのやり方に不満を持っている皆さんも訴えかけましょう!

 メディアに「“パナマ文書”の事をもっと取り上げろ!」と!
posted by 市民A at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国の政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする